ブログ|オフィス回復ドットコム

オフィシャルブログ

【施工事例-室内装饰施工工事】神奈川县川崎市川崎区仪式馆天棚和地板地面修改施工工事 

大家好! 我们里是公室修复原状Dot.Com.网站

我们公司在东京都丰岛区池袋设置着办公室,在关东全部地域范围内,正在从事【全套室内装饰施工工事】【修复原状施工工事】的室内装饰施工行业业界单位,为客户服务。

 

 

此次,我们在这里将要说明的内容是,殡仪馆单位的天棚和地板地面修改工事。

 

修改施工工事是,

很多年在使用租户房产(店铺)的话,由于经年劣化,此房产会有损伤。
因为这种损伤也得发生,所以,又事先预测劣化又施行确切修补的话,可以延长耐用期间。其结果,这样就会导致影响维持该建筑物的重要施工工事。

 

我们建议,就把修改施工工事(修缮工事),各位务必和业界单位商量一下吧!

为了参考,请也阅览这里。

 

自己动手做室内装饰工事的场合,和依赖业界单位场合的比较

内装工事をDIYした場合と業者に依頼した場合との比較

 

 

那么,此次的施工工事内容如下。

 

【施工事例】

施工种类:室内装饰施工工事-修改工事

施工现场:神奈川县川崎市川崎区 四谷上町 殡仪馆

施工期间:大约三天

详细施工内容

地板地面的修缮工事内容:因为地板地面材料(木材)被剥落着,我们先剥下地板地面材料,好好剥下隔声薄膜后,我们在地板地面材料面张贴新的瓷砖地毯。

 

天棚的修改工事内容:结束地板地面的修缮后,我们就做养护作业,解体张贴天棚板材的地方后,新重贴。我们张贴石膏板后,张贴Gyptone就完成此工事了。

 

此次的一个注意点是,因为在业务用空调的周围要张贴,我们好好地做。而且,为了把在天棚安装过的投影仪不出现伤痕,做养护。我们在天棚张贴板材后,就做作业。

 

那么,下面是施工现场照片的介绍。

 

首先是地板地面的修缮工事照片。

 

 

我们先介绍瓷砖地毯的优点。

  • ●色彩种类很丰富
  • ●根据摆的办法,可以设计各种各样
  • ●具有隔声性能・保温性能・耐久性能
  • ●可以简单地分离一部分

 

如果各位正在考虑地板地面的修缮工事,请务必参考这里。

 

下面是天棚修改工事的照片。

 

首先,为了避免周围出现伤痕,我们做养护作业。

间隔壁・地板地面的养护作业

间隔壁・地板地面的养护作业

 

 

下面,我们剥开要做修改工事地方的板材。由于是在业务用空调的周围,小心地做。

1枚目のジプトーンを剥がします

我们剥开第一张的Gyptone。

 

2枚目の石膏ボードをはがしてLGSを剥き出しにします

我们剥开第二张石膏板,就裸出轻量钢骨。

 

剥开完了所有地方后,我们施工新的板材。

结束本施工工事后,我们剥开养护,清洁清扫现场,本施工工事就结束了。

 

 

以上是此次的施工照片。

 

 

如果各位对店铺(租户房产)・办公室室内装饰的【修改工事・修缮工事・修补工事】觉得为难的话,请务必乐意和我们来商量!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

关于办公楼・租户房产(店铺)的修复原状施工工事,入居工事,搬迁,撤退,
整建整修施工工事等,如果各位正在考虑依赖这些工事,请务必乐意跟我们公司联系和洽谈!

 

Instagram     Twitter     Facebook   

 

各位也可以从三个带色的点击标志来询问查询。请务必阅览至少一次!

 

从报价到施工完毕,我们公司全部都是亲自安排施工工事,
我们的目标是给客户供应「尽可能便宜的、质量高的好产品」。

 

 

如果贵方想找丰岛区池袋的室内装饰施工工事修复原状工事,务必找办公室修复原状Dot Com

邮编:〒171-0014

地址:东京都丰岛区池袋2-62-10 武藏屋第三楼四层

免费电话: 0120-978-226

原状回復工事について改めてご説明

お世話になっております、オフィス回復ドットコムです。
豊島区池袋を中心に関東一円範囲で「内装工事」「原状回復工事」をメインにお手伝いさせていただいている内装業者でございます。

 

今回は、

 

原状回復工事について改めてご説明

 

させていただきます。

 

弊社『オフィス回復ドットコム』として、オフィスを中心に様々な現場にて様々な改修工事を行ってまいりましたが、改めてざっくりと用語をご説明させていただきます。

 

 

 

 

原状回復とは

 

オーナー様ご依頼の原状回復工事の様子

建物オーナー様ご依頼の原状回復工事にて、壁ボード材並びに、GLボンドが露出している様子

 

そもそも原状回復とは、「原(もと)の状(態)(に)回復(させる)」という意味で、
物件から退去する際、入居した当初の状態まで戻してから退去をするという決まり事を、賃貸借契約書を元に行う作業を指します。

 

トラブルを防ぐため国土交通省がガイドラインを制定しており、それを元に各テナントオーナーや物件管理会社が、賃貸借契約書を作っております。

退去の際、建物の損耗についてどちらが直し、返却を行わなければならないかのトラブルが発生する場合があります。

賃貸借契約書に書かれた内容を正とし、ガイドラインはそれを補うように扱われますが、そもそも入居する際、法外な要求などが書かれていないか確認すべきでしょう。

 

 

 

 

回復の義務の有無について

 

 

建物にできる傷や損耗について、大きく分けて2種類ございます。

1つは「自然にできた傷・劣化」であり、普通に暮らしていてできた傷や損耗は、基本的に原状回復の対象外(つまり、原状回復をしなくて良い)です。

 

一例として、

 

  • ●直射日光による床や壁の変色、劣化
  • ●テレビや冷蔵庫を設置したことによる電気やけ
  • ●設備の寿命
  • ●家具や什器の設置による床のへこみ
  • ●ポスターやカレンダーのために画びょうを使った場合

 

などが挙げられ、基本的にこれらの項目においては賃借人は負担する必要がないとされております。

 

また、入居している間に自然に発生した内外装材の劣化についても、貸主側の負担となります。

 

ただし劣化が見られた段階で貸主側(オーナーや管理会社)へ報告せず、放置したことが原因で悪化が見られた場合は賃借人の負担となる場合があるため注意です。

 

 

2つめとして、「賃借人により故意にできた傷や損耗」が挙げられます。

 

一例として、

 

  • ●食べ物や飲み物、筆記用具などにより付いた染み
  • ●搬入出や、家具の移動によりついた傷
  • ●建物の構造上起こりやすかったとしても放置したことにより発生したカビや染み
  • ●タバコによる黄変、ヤニや、物を焼いた際に発生した油汚れ

 

が挙げられます。

これらはご想像の通り、賃借人の負担となるため注意が必要です。

 

 

 

厳密に言えば、原状回復工事は二度行われる

 

 

上記で説明した内容をまとめると、
賃借人が退去する際必須の原状回復工事」と「貸主側(オーナーや管理会社)が次の入居者を迎えるため、また建物の不動産価値を高めるために行う原状回復工事」の二種類があると言えます。

 

それぞれ工事を行うタイミングが異なり、また項目は賃貸借契約書により範囲や項目が変わってくるため、一様には言えません。

 

 

 

居抜き工事とスケルトン工事について

 

 

原状回復の範囲は物件によって様々ですが、大きく分けて2種類あり、それが「居抜き」と「スケルトン」です。

 

居抜きとは物件から退去する際、設備や家具、内装をそのままにして返却することを指し、スケルトンとは、退去の際「骨組みだけ」を残し、空っぽの状態にして返却をすることを指します。

 

 

居抜きのイメージイラスト

「居抜き」のイメージイラスト。 建物や、大掛かりな内装はそのままに内・外観や設備をそのままにし、 次の賃借人にテナントを貸しているタイプの物件を指します。

 

 

 

厳密に言うとスケルトンにも程度があり、

  1. 1.完全に躯体(骨組み)のみを残す場合
  2. 2.躯体+軽量鉄骨・木下地を残す場合
  3. 3.2に加え、内装ボード材を残す場合(クロスは撤去)

 

がございます。

余談ですが、1.の場合を「躯体現し(あらわし)」と呼ぶ場合もございます。

 

 

居抜きについては、過去に記事にてまとめさせていただきましたのでご覧いただければ幸いです。

 

スケルトン状態の大型商業施設

施工がほとんど始まったばかりの鉄筋コンクリート造の大型商業施設の様子。
全てがむき出しになっており、この状態を「スケルトン」と呼びます。

 

 

 

 

原状回復の範囲は、居住用と事業用で項目や範囲が異なる場合が多い

 

 

前述のように、内装の原状回復に関し、工事や、清掃は経年劣化・自然損耗によるものであれば賃借人が行うことが義務付けられています。

 

しかしながら、事業用として借りた物件では、その損耗が経年によるものか、事業にて複数人が出入りし、営業活動を行う中で通常以上に損耗したのかどうかを判断するのが難しい場合がございます。

 

そのため、事業用として物件を借りた場合、居住用と比べ原状回復の項目や範囲が大きく定められている場合が多いです。

 

一例として、

 

  • ●クロスやカーペットの貼り替え
  • ●蛍光灯など、照明器具の総取り換え
  • ●床・窓など、各所のクリーニング

等が挙げられます。

 

居住用であれば個人的な清掃や、切れていなければ交換する必要のない照明でも、事業用物件では退去の際にすべて交換することが義務付けられている場合が多いです。

 

当然ながら、項目や範囲が増えるほど費用や期間もかかるため注意が必要です。

 

これらは、賃貸借契約書に特約事項として設けられている場合があります。

入居の際に結ぶ契約のためご存じの方もいらっしゃるかと思われますが、退去の際は早めのご確認をお勧めいたします。

 

 

タイルカーペットの参考画像

タイルカーペットの参考画像。DIYや家庭用では粘着性の弱い素材にて付けられている場合が多いが、オフィスでは耐久性が高く、強い接着剤で付けられている場合が多い。オフィスでは多くの場合、原状回復の対象となります。
引用元:写真AC

 

 

 

 

まとめ、最後に

 

 

 

 

以上、原状回復工事について改めてご説明 させていただきました。

 

 

  • ●原状回復とは、物件から退去する際、入居した当初の状態まで戻してから退去をするという決まり事である
  • ●原状回復の範囲は賃貸借契約書によって定められており、物件により異なる
  • ●事業用として借りた物件(オフィスや店舗など)の場合、原状回復の範囲や項目が居住用に比べ、広く多く設定されている

 

なお、今回は原状回復という言葉そのものについてのお話をメインにさせていただきました。

 

今後、流れなどについてまとめさせていただこうかと思っておりますので、
更新が完了した際はリンクをさせていただきます。

 

原状回復工事には様々な作業や工程があり、費用も多くかかってまいります。

早めの準備をしつつ、オーナーや管理会社と施工業者に確認を取りながら進めていきましょう。

 

もちろん弊社へのご相談やお見積りは大歓迎です!

 

内装工事に関するお困りごとやご相談ございましたら、お気軽にお申し付けください。

 

 

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

オフィス・店舗の天井や壁の補修工事、塗装工事はもちろん、
新規オープンやリニューアルのことなど、ぜひオフィス回復ドットコムまでお気軽にご相談ください。

 

「Instagram、Twitter、Facebook」フォローやいいねなどお待ちしております。

 

Instagram     Twitter     Facebook   

 

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い
お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」を提供しています。

もちろん、他の会社様と比べて構いません。相見積もりも大丈夫です。

「この工事はどのように行うのか、またその工事費用はどれくらいかかるのか」など、
ご質問・お問い合わせお待ちしております。

オフィス・店舗・倉庫の移転、原状回復工事、リフォーム工事(内装工事)等々
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 

~~~~~~~~~~~~IKEBUKURO~~~~~~~~~~~~

★東京・池袋の内装業者ならオフィス回復ドットコム★

★原状回復工事もオフィス回復ドットコム★

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

~~~~~~~~~~~NAISOUGYOUSHA~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

年末年始の営業日のお知らせ

こんにちは、オフィス回復ドットコムです。

東京都豊島区池袋を拠点に関東一円範囲で【内装工事一式】【原状回復工事】を

手掛けている内装業者になります。

 

 

早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。
皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 

さて、弊社では下記の日程で年末年始休業とさせて頂きます。
誠に勝手ではございますが何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。

来年も更なる発展、飛躍に向けて、より一層の努力をする所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。
来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げまして、年末のご挨拶とさせて頂きます。

オフィス回復ドットコム 社員一同

 

 

<年末年始 休業期間>

2022年12月30日(金) ~ 2023年01月04日(水)まで

※2023年01月05日(木)より平常通り営業いたします。

 

お問い合わせは、24時間365日受け付けております。
お問い合わせのお返事は、休業明け以降に順次対応させていただきます。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オフィスビル・テナント(店舗)の原状回復工事、入居工事、移転、撤退、リフォーム工事など

検討中でしたら是非、弊社へお気軽にご連絡下さい。

 

Instagram     Twitter     Facebook   

からお問い合わせもできます。是非一度ご覧ください。

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」の

提供を目指してお手伝いさせていただきます。

 

◆豊島区池袋の内装工事・原状回復工事ならオフィス回復ドットコムまで◆

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

 

 

【整建整修施工工事】江东区丰洲 楼房住宅单元 室内装饰施工工事「制作间隔壁」

大家好! 我们里是公室修复原状Dot.Com.网站

我们公司在东京都丰岛区池袋为中心,在关东全部地域范围内,正在施工全部的【室内装饰施工工事】【修复原状施工工事】的室内装饰施工行业业界单位,为客户服务。

 

 

此次,我们在这里将要说明的现场是,楼房住宅单元里的室内装饰施工工事。

「楼房住宅单元・公寓住宅」的改变外观样子等要求,或者想要增加房屋数量等的要求,这几年,来得越来越多。

想要制作房屋・个人房时,为了制作壁而设置的简易间隔等,有各种各样办法。

 

此次将要说明的是,制作新壁的施工工事。

管新设置轻量钢骨后,张贴板材的工事叫做间隔壁建造建筑物内地基的施工工事。最后,施工所谓的装饰用织物工事,就完成了。

 

各位要依赖施工之际,租赁房产的场合,设置滚动屏幕来分割屋子等是可能做到的。但是,没拿到许可而做整建整修,做间隔壁,或者使用金具或螺钉在壁开孔而固定间隔似的自己动手做工,都要注意,绝不要进行。

万一做过的话,退去房产之前,应该恢到复原状。

 

各位如果要求恢复施工工事的话,请务必和我们来商量!

准确拿到施工许可的场合,才可以施工。因此,首先跟有关房产管理单位,或房东确认后,和我们查询,那么对我们有很多帮助。

 

那么,下面是此次详细的施工内容。

 

施工种类:整建整修施工工事

施工现场:东京都江东区丰洲 楼房住宅单元里的一屋

施工期间:大约两天

施工内容:

此工事是制作新间隔屋子的壁。

我们进行周围的养护后,施工轻量钢骨,以轻量钢骨为基准张贴板材,而逐步用小螺钉来固定。张贴完了板材,张贴所谓的装饰用织物后,清洁清扫现场,就把房产交给客户。

 

一部分施工照片如下。

 

 

 

以上是此次的施工照片。

关于整建整修施工工事等,请务必也参照这个网站!

【用語解説】内装工事における改修工事・改装工事などの用語について

 

 

此次,全部工程大约两天就完成了。

比较模糊地「想要把这一间屋子分成两间」的场合,也许需要做解体、木工匠工事、电气工事等。那样的话,工事内容、费用、期间可能要增加。

 

如果您想要改变屋子印象的话,请乐意和我们商量!

 

 

 

 

最后

 

关于办公楼・租户(店铺)的修复原状施工工事,入居工事,搬迁,撤退,整建整修施工工事等,如果各位正在考虑依赖这些工事,请务必乐意跟我们公司联系和洽谈!

 

Instagram     Twitter     Facebook   

 

各位也可以从三个带色的点击标志来询问查询。请务必阅览至少一次!

 

从报价到施工完毕,我们公司全部都是亲自安排施工工事,我们的目标是给客户供应「尽可能便宜的、质量高的好产品」。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

如果贵方想找丰岛区池袋的室内装饰施工工事修复原状工事,务必找办公室修复原状Dot Com网站

邮编:〒171-0014

地址:东京都丰岛区池袋2-62-10 武藏屋第三楼四层

免费电话: 0120-978-226

【施工事例】内装工事 港区南青山オフィスビル「テナント入居工事」 後編

こんにちは、オフィス回復ドットコムです。

東京都豊島区池袋にオフィスを構え、関東一円で【内装工事】全般と【原状回復工事】を

中心に施工している内装業者(内装会社)になります。

 

前回、ご紹介した南青山にあるオフィスビルのテナント入居工事の続きになります。

【施工事例】内装工事 港区南青山オフィスビル「入居工事」 前編

前回は入居工事の天井工事をご紹介させていただきました。

今回は壁工事を紹介させていただきます。

 

 

施工事例の内容詳細になります。

 

工事名称:「テナント入居工事」に伴う改装工事

工事現場:東京都港区南青山 青山オフィスビル1階〜3階

工事期間:約3週間

工事内容

1階から3階、天井と壁の施工を行います。

天井の施工内容は

  • ●天井と梁型部分のLGS(軽量鉄骨)で下地を作り、開口補強を施工
  • ●PB(プラスターボード)をLGSにビスで貼り
  • ●点検口の取付
  • ●既存天井のケイカル板の補修を行い、既存天井・新設天井の取合い部分の補修工事と解体も一緒に施工をします。
  • ●照明は既存DL(ダウンライト)等の穴埋め補修工事と新設ベースライトの開口補強を施工しました。

壁の施工内容は

  • ●壁と柱型部分にLGS(軽量鉄骨)で下地を作成
  • ●GW(グラスウール)を隙間に充填
  • ●PB(プラスターボード)を貼り付けます。
  • ●既存壁のLGS(軽量鉄骨)面のPB(プラスターボード)を補修します。
  • ●建具枠の開口補強を施工
  • ●出隅コーナーの補強も施工

 

GW(グラスウール)のことはこちらの記事をご参照ください。

内断熱について解説

 

 

壁施工の写真になります。

 

壁のLGS施工後ボード貼り付け

 

before 表

before 表①

after 表

after 表①

after 裏

after 裏①

 

before ②

before ②

after ②

after ②

 

建具埋め込み後、LGSにボードをビスで施工

before ③

before ③

after ③

after ③

 

建具も填め込みます。

 

ケイカル版を貼り付けていきます。

before ④

before ④ 裏

after ④

after ④ 表

 

 

出入口付近にもLGSを施工しボードを施工をします。

before ⑤

before ⑤

after ⑤

after ⑤

 

 

 

壁の施工写真は以上になります。

 

 

テナントビルの内装工事ならお気軽にご相談ください。

 

最後に

 

 

オフィスビル・テナント(店舗)の原状回復工事、入居工事、移転、撤退、リフォーム工事など

検討中でしたら是非、弊社へお気軽にご連絡下さい。

 

Instagram     Twitter     Facebook   

からお問い合わせもできます。是非一度ご覧ください。

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」の

提供を目指してお手伝いさせていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆豊島区池袋の内装工事・原状回復工事ならオフィス回復ドットコムまで◆

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

【 Reform construction work 】Interior decorative construction work「 making partition wall 」at a housing apartment in Toyosu, Koutou ward

Hello, everyone! We here are Office recovery and restoration Dot. Com. website.

Our company is an interior decorative finishing work contractor company executing construction work of【 interior decorative finishing work 】generally, 【recovery and restoration work】, in Tokyo, the midpoint and all over Kanto area.

 

What we are explaining this time is, a decorative construction work site at a housing apartment.

There have been increasing requests coming to us of adding rooms or so at「 housing apartment ・ ordinary apartment 」modifying or so on for these few years recently.

When you would like to make a room ・ single or private room, there are various methods of establishing simple and easy partition or so.

What we are explaining here is, a construction work of making new wall.

Construction work of establishing LGS (=light gauge steel) ,and sticking board newly is called partition wall bedding construction work inside, and our work is completed finishing by the construction work of executing so-called decorative cloth work finally.

 

If you should request construction work, in the case of rented property, it is possible to divide a room by installing rolling screen or the like. However, please be cautious not to carry out reforming to make partition wall, or to open a hole on the wall by using metallic fitting or screw and fixing the wall or partition by do-it-yourself, without prior permission.

 

If you should have done it without permission, then you have to return to the original situation before leaving out from the property.

In the case of your requesting this kind of remedial work of property to us, please be sure to talk with us light heartedly.

 

As above construction work is possible only after obtaining proper permission, so, in the first place, it is advisable to check the management company or the owner , and give your inquiry to a construction work company.

 

Then, the following are the construction work details this time:

 

Construction work kind: reform work

Construction work site: a room of housing apartment, Toyosu , Koutou ward, Tokyo

Construction work period: about 2 days

Construction work details:

Making new partition wall at a room.

We cure surroundings, execute LGS work, stick board as LGS standard, then go on fixing with screw. After finish sticking board, we re-stick so-called decorative cloth and carry out cleaning, then hand the property to the customer.

 

The Following are part of construction pictures:

 

 

Above are the construction work site pictures this time.

On reform work and the like, please also refer here by all means.

【用語解説】内装工事における改修工事・改装工事などの用語について

 

This time, all of our construction work process completed in about 2 days.

 

In the case of ambiguously「 would like to make a room into two rooms」, chances are that construction work contents, cost, and period will increase or so, as it may require demolition, carpenter work, or electric work.

 

If you would like to change your room image, please be sure to talk with us light heartedly.

 

 

 

 

Finally

If you are considering or studying office building ・ tenant (shop or store) recovery an restoration work, moving in work, relocation, relocation, reform work and so on, please be sure to contact our company light heartedly.

 

Instagram     Twitter     Facebook   

It is possible to give us your inquiry from above SNS. So, please be sure to visit us at least once.

 

From price quotation up to construction work completion, our company is directly managing and doing construction work by ourselves, so our aim is supplying 「reasonable construction work as much as possible, and high quality, better work service 」to our customers.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆If you look for interior decorative construction work ・recovery and restoration work at Ikebukuro,
Toshima ward, please visit Office restoration Dot. Com.◆

Address: 〒171-0014

4th floor, Musashiya No.3 Building

62-10, 2-chome, Ikebukuro, Toshima ward, Tokyo

Free phone: 0120-978-226

【施工事例】内装工事 港区南青山オフィスビル「テナント入居工事」 前編

こんにちは、オフィス回復ドットコムです。

東京都豊島区池袋にオフィスを構え、関東一円で【内装工事】全般と【原状回復工事】を

中心に施工している内装業者(内装会社)になります。

 

今回、ご紹介させていただくのは南青山にあるオフィスビルのテナント入居工事になります。

 

オフィスビルの入居工事にあたって

オフィス入居の際には、建築内装工事・設備工事・オフィス家具購入など様々な費用がかかります。中でも、建築内装工事はこれらの費用全体の5割以上を占めるのが一般的です。

工事にかかる大まかな費用として

●仮設工事費・・・工事を安全に行うための、足場や養生を行う仮設の費用。

●軽鉄下地・ボード工事費 ・・・LGS(軽量鉄骨)と呼ばれる下地とPB(プラスターボード)と呼ばれる石膏ボードを使い天井や壁の造作をする工事の費用。

●内装工事(内装仕上げ工事)費・・・床や壁、天井などの仕上げとして、タイルカーペット、クロス、化粧シートなどを設置する工事にかかる費用。

●建具(たてぐ)工事費・・・オフィス内装工事の場合、「建具(たてぐ)」とはドアを指します。スチール製・アルミ製・木製などのドアを取り付ける工事の費用。

●パーティション工事費・・・スチール製やアルミ製の間仕切り壁の設置工事費です。固定式と可動式があり、どちらも再利用が可能。

その他にも設備費用などもあります。

  • ⚫︎電気
  • ⚫︎空調
  • ⚫︎給水
  • ⚫︎消防

これらが費用の主な内容になります。

 

上記を踏まえた上でコストを十分検討して入居工事を検討してください。

 

では、施工事例のご案内になります。

 

工事名称:「テナント入居工事」に伴う改装工事

工事現場:東京都港区南青山 青山オフィスビル1階〜3階

工事期間:約3週間

工事内容

1階から3階、天井と壁の施工を行います。

天井の施工内容は

  • ●天井と梁型部分のLGS(軽量鉄骨)で下地を作り、開口補強を施工
  • ●PB(プラスターボード)をLGSにビスで貼り
  • ●点検口の取付
  • ●既存天井のケイカル板の補修を行い、既存天井・新設天井の取合い部分の補修工事と解体も一緒に施工をします。
  • ●照明は既存DL(ダウンライト)等の穴埋め補修工事と新設ベースライトの開口補強を施工しました。

壁の施工内容は

  • ●壁と柱型部分にLGS(軽量鉄骨)で下地を作成
  • ●GW(グラスウール)を隙間に充填
  • ●PB(プラスターボード)を貼り付けます。
  • ●既存壁のLGS(軽量鉄骨)面のPB(プラスターボード)を補修します。
  • ●建具枠の開口補強を施工
  • ●出隅コーナーの補強も施工

 

まずは天井施工写真のご案内です。

 

天井にLGS下地施工

Before LGS施工前

Before LGS施工前

After LGS施工後

After LGS施工後

 

 

次にLGS(軽量鉄骨)下地にボードをビスで固定していきます。

Before ボード工事施工前

Before ボード工事施工前

After ボード工事施工後 照明箇所には穴を開けておく

After ボード工事施工後 照明箇所には穴を開けておく

 

天井に点検口を開口します。

 

 

 

天井の既存ボードの穴埋め補修をおこないました。

Before

Before

After

After

 

補足として、今回、工事内容に書かれていた「取合い」について少し説明いたします。

取り合い」とは、建築物などにおいて、異なる構造物が出会う接合部分のこと、またはその接合部分における処置のことを言う。施工をする際、資材による違いをしっかりと把握しないと、二つの部材が接する場所できちんと美しく接合されず、「取り合いが悪い」といった状態になる。取り合いは、設計や施工する技術者の力量で決まるともいわれております。

 

全てのボード工事が終わったらパテ処理を施工していきます。

隙間、ビスの凸凹をパテで埋めていきます。

 

 

最後にボードに塗装、クロス工事を施し終えたら照明を取付天井の工事は終了になります。

 

後編は壁に関する工事の続きになります。

 

 

 

最後に

 

オフィスビル・テナント(店舗)の原状回復工事、入居工事、移転、撤退、リフォーム工事など

検討中でしたら是非、弊社へお気軽にご連絡下さい。

 

Instagram     Twitter     Facebook   

からお問い合わせもできます。是非一度ご覧ください。

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」の

提供を目指してお手伝いさせていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆豊島区池袋の内装工事・原状回復工事ならオフィス回復ドットコムまで◆

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

【시공사례】히가시이케부쿠로 오피스빌딩개수공사

안녕하세요.사무실회복닷컴입니다.

도쿄도이케부쿠로에 사무실을 두고 「원상회복공사」「인테리어공사」를 운영하고 있는 인테리어회사입니다.

 

이번에는 오피스빌딩의 천장개수공사의 시공예를 소개해드리겠습니다.

공사종류:개수공사

시공현장:도쿄도 도시마구 히가시이케부쿠로 1쵸메

시공기간:약 하루

시공내용:천장에 달려 있는 조명을 제거하고 지푸톤(Gyptone/마무리용화장석고보드)을 붙이고 빈틈을 코킹으로 메우고 원래의 천장으로 고치는 작업입니다.

 

먼저 조명을 제거한후의 사진입니다.

 

구멍이 난 곳에 지푸톤(Gyptone/마무리용화장석고보드)을 가공하여 붙입니다.

 

빈틈에는 코킹재로 메웁니다.

 

시공기간도 짧고 깨끗하게 마무리 되였습니다.

개수공사등에 관한 상담은 부담없이 저희 회사로 연락주세요.

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

오피스빌딩의 원상복구공사,입주공사,이전,철퇴,리모델링등을 고려하신다면

저희 회사  사무실회복닷컴으로 문의 주세요.

 

Instagram     Twitter     Facebook   

으로부터도 문의할수 있습니다. 클릭하여 봐주시면 고맙습니다.

 

저희 회사는 견적으로부터 시공완료까지 모두 당사에서 실시함으로

고객님께조금이라도 싸게그리고 좋은 품질과 좋은것을제공하기 위하여 노력하고 있습니다.

 

~~~~~~~~~~이케부쿠로 ~~~~~~~~~~

★ 이케부쿠로 인테리어업체라면 사무실회복닷컴 ★

★ 도쿄의 원상회복공사도 사무실회복닷컴 ★

〒171-0014

도쿄도 토시마구 이케부쿠로 2-62-10무사시야 제3빌딩 4층

TEL : 0120-978-226

【修繕工事】神奈川県秦野市 内装工事テナントビル 予備校 +補修工事

こんにちは、オフィス回復ドットコムです。

東京都豊島区池袋にオフィスを構え、関東圏で【内装工事】全般【原状回復工事】

を施工している内装業者になります。

 

 

今回、ご紹介させていただくのは、予備校の修繕工事になります。

 

修繕工事は経年や紫外線、風雨などの外的要因により劣化や不具合が生じた建物に対し、建物や設備の補修、交換などにより、建物の建設当初の水準まで戻す工事を意味します。

劣化した箇所を修理・修繕するのでイメージとしてはリフォームに近い工事です。

修繕工事の中でも長期計修繕画に基づいて行う工事は大規模修繕工事と呼び、劣化や不具合が発生した都度行う工事を補修工事といいます。

 

今回行う箇所は、天井は修繕工事になり、壁は補修工事の扱いになります。

 

では、施工詳細のご紹介になります。

 

工事名称:修繕工事(補修工事も含まれる)

工事現場:神奈川県秦野市今川町 テナントビル 予備校

工事期間:約1日

工事詳細

古い天井のボード類を剥がし、新たにジプトーンを貼りつける作業を行います。

壁は穴が空いている箇所に石膏ボードで塞ぎます。

終わり次第、他社様に引き継ぎを行い、クロスなど塗装を行います。

 

施工写真のご案内になります。

まずは天井のジプトーン貼り付け写真から

 

壁に空いていた穴を石膏ボードで塞ぎます。

 

以上が施工写真になります。

修繕工事、補修工事でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

 

修繕工事についてはこちらをご覧ください。

【用語解説】内装工事における改修工事・改装工事などの用語について

【用語解説】内装工事における改修工事・改装工事などの用語について

 

 

最後に

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オフィスビル・テナント(店舗)の原状回復工事、入居工事、移転、撤退、リフォーム工事など

検討中でしたら是非、弊社へお気軽にご連絡下さい。

 

Instagram     Twitter     Facebook   

からお問い合わせもできます。是非一度ご覧ください。

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」の

提供を目指してお手伝いさせていただきます。

 

◆豊島区池袋の内装工事・原状回復工事ならオフィス回復ドットコムまで◆

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

 

 

 

 

【施工工事事例】东池袋办公楼修改施工工事 

大家好! 我们里是公室修复原状Dot.Com.网站

我们公司在东京都丰岛区池袋设置着办公据点,正在从事施行【室内装饰施工工事】【修复原状施工工事】的室内装饰施工公司,为客户服务。

 

此次,我们将要说明一下办公楼里一屋天棚的修改施工工事。

 

施工种类:修改施工工事

施工现场:东京都丰岛区东池袋1丁目

施工期间:大约一天

施工内容

卸开付着天棚的照明,张贴Gyptone后,在空着的间隙使用填隙材料填满,而恢复到原来天棚状态的作业。

 

首先,下面照片是从揭完照明开始。

 

在开孔的地方,我们加工Gyptone而张贴它。

 

我们在间隙填满填隙材料。

 

 

 

 

此施工期间又短,最后加工状态又美丽了。

请务必乐意和我们来商量洽谈修改施工工事等。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

关于办公楼的修复原状施工工事,入居工事,搬迁,撤退,整建整修施工工事等,

如果各位正在考虑依赖这些工事的话,请务必乐意跟我们公司联系和洽谈!

 

 

 

Instagram     Twitter     Facebook   

各位也可以从三个带色的点击标志即Instagram,推特,Facebook来询问查询。

务必阅览至少一次!

 

从报价到施工完毕,我们公司全部都是亲自安排施工工事,

我们的目标是给客户供应「尽可能便宜的、质量高的好产品」。

 

如果贵方想找池袋的室内装饰施工工事单位,务必找办公室修复原状Dot Com网站

如果贵方想找丰岛区的修复原状施工工事单位,务必找办公室修复原状Dot Com网站

邮编:〒171-0014

地址:东京都丰岛区池袋2-62-10 武藏屋第三楼四层

免费电话: 0120-978-226