オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 飲食店

原状回復工事の肝-原状回復の細則とは?

こんにちは、オフィス回復ドットコムです。

東京都豊島区池袋にオフィスを構え、関東一円範囲で内装仕上げ工事・原状回復工事を中心に施工している内装業者でございます。

内装工事のことなら何でもご相談ください。

 

 

原状回復工事は、賃貸住宅や商業施設などの建物を入居前の状態に戻すプロセスです。

このプロセスの鍵となる部分が「原状回復の細則」です。

この記事では、原状回復の細則について詳しく説明し、なぜそれが重要なのかをわかりやすく解説します。

 

状回復とは何か?

まず、原状回復とは何かを理解しましょう。
原状回復は、入居者やテナントが建物を使用した後、建物を元の状態に戻すことを指します。
これは、壁、床、天井、設備、および他の内装要素を含みます。
入居前の状態に戻すことで、新たな入居者やテナントが快適に使用できるようになります。

 

 

状回復の細則とは?

原状回復の細則は、契約や法的要件に基づいて、原状回復工事の範囲と
プロセスを規定するものです。

これは、賃貸契約書や地域の法律によって異なりますが、
一般的には以下のポイントが含まれます。

  • 〇修復とクリーニング: 元の状態に戻すために、壁、床、天井、設備の修復やクリーニングが含まれます。これには穴や傷の修復、塗装、カーペットのクリーニングなどが含まれます。
  • 〇原材料の再使用: 契約によって異なりますが、元の材料や設備の再使用が求められることがあります。新しいものを設置する代わりに、古い材料を再利用することが契約で決まることがあります。
  • 〇改善の撤回: 借主が行った改善やカスタマイズを元の状態に戻すことが求められることがあります。例えば、壁に取り付けた棚や照明などを撤去することが含まれます。
  • 〇清掃と最終検査: 原状回復工事が完了したら、徹底的な清掃が行われ、最終検査が行われます。最終検査では、契約に規定された仕様に準拠しているかどうかを確認します。

 

 

ぜ原状回復の細則が重要なのか?

 

原状回復の細則は、借主と貸主、または入居者と不動産所有者の間の関係を明確にし、紛争を防ぐのに役立ちます。以下はその重要性のいくつかの理由です。

  • 〇法的遵守: 契約や法的要件に従うことは法的に義務付けられています。原状回復の細則に従うことで法的トラブルを防ぎます。
  • 〇財産価値の維持: 建物の状態を維持することは、資産価値を保つために重要です。原状回復工事は建物の長寿命と価値を保つ役割を果たします。
  • 〇次の入居者やテナントのため: 新たな入居者やテナントにとって、清潔で整備された状態の建物が魅力的です。原状回復工事によって、次の利用者が快適に過ごせる環境を提供できます。

 

 

とめ

原状回復の細則は、建物の状態を維持し、借主と不動産所有者の関係を
明確にするために必要不可欠です。
契約書や法的要件に基づいて、原状回復工事の範囲とプロセスを明確に定義し、
建物の価値を保ち、円滑な引き渡しを実現しましょう。

 

こちらのブログも参照ください。

原状回復工事とは?賃貸の大切なポイント

原状回復工事|床工事の原状回復内容について

原状回復工事|天井の塗装について 施工写真 豊島区池袋

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オフィスビル・テナント(店舗)の原状回復工事、入居工事、移転、撤退、リフォーム工事など

検討中でしたら是非、弊社へお気軽にご連絡下さい。

 

Instagram     Twitter     Facebook  

SNSからもお問い合わせできます。是非、ご一緒にご覧ください。

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」の

提供を目指してお手伝いさせていただきます。

 

◆豊島区池袋の内装工事・原状回復工事ならオフィス回復ドットコムまで◆

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

【愛知県名古屋市】名古屋 喫茶店巡り

こんにちは。

オフィス回復ドットコムのY.Yです。

当社は東京都豊島区池袋にオフィスを構え、関東一円で内装仕上げ工事・原状回復工事を
中心に施工している内装業者でございます。

 

名古屋喫茶店巡り

 

ということで喫茶店でモーニングをする文化を持つ名古屋に訪れました。
今回は喫茶店巡りをおこなってきましたのでご紹介させていただきます!

 

モーニングとは何ぞや

 

名古屋の「モーニング」は、朝食のことを指す言葉ではなく、名古屋独自の食文化であり
名古屋の喫茶店でコーヒーを注文すると、トーストやゆで卵などが無料でついてくるサービスとのこと。

このサービスは、愛知県一宮市で昭和30年代に始まりました。

当時、繊維業が盛んだった一宮市では、商談の場として喫茶店が利用されることが多かったため
近所の喫茶店が引きも切らない商談に応じるためにピーナッツやゆで卵をコーヒーに添えるようになりました。

このサービスが広まり、朝食代わりになるモーニングサービスに発展しました。
名古屋では、モーニングという言葉はお得なサービス全般を指す言葉にもなっています。

※BRUTUS様から引用

 

 

 

名古屋駅の待ち合わせ場所によく使われる金時計で知人と合流しいざ出発!!

 

 

喫茶ツヅキ

 

住  所:〒453-0811  名古屋市中村区太閤通6-1 ツヅキビル2F

営業時間: 7:30ー18:00 ​水曜日のみ 7:30ー11:00

定  休  日: 無し

 

キニナルナル様から引用

 

 

最初に訪れたのはツヅキという喫茶店です。

店内はお花屋さんかと思うくらい植木鉢沢山置いてあり、それだけでも映え要素は抜群ですが

料理のインパクトも凄いです!店内の華やかな内装に負けないレベルのド派手さを持っています。

今回は1日4食限定の「プリンパフェ」を求めてお店に来ました。
すぐに無くなってしまうらしいのですが運よく1食分残っておりラッキーでした!

そして今回私が注文したのは「パンケーキパフェ」と「ウインナーコーヒー
友人は「プリンパフェ」と「アイスカフェオレ」です。

 

 

手前:パンケーキパフェ 奥:プリンパフェ

 

こんなにボリューミーなのにおよそ¥1,300と驚きの価格
都内だったらもっと高めにお値段張るであろうものなのに名古屋だとこの金額。

パフェ本体を崩すのがもったいないくらい立派な造形をしており
バラしながら食べていくのが楽しかったです。

 

 

手前:ウインナーコーヒー 奥:アイスカフェオレ

 

30㎝近くある超ビッグサイズなウインナーコーヒー
これだけのデカさなのにまさかの¥450
店員がそーっと運んでくる姿は必見です(笑)

 

 

ホットのカフェオレを注文すると店員が脚立を持ってきて
「カフェオレ天井落とし」というパフォーマンスが始まります。
店員が脚立に登り、上から真剣にコーヒーとミルクを注いで作る様は見物です。

YouTube:Mac Otakara様から引用

 

また今回ご紹介できなかった「キュウリジュース」というのもあり
グラスにレモンと一緒にキュウリが丸々1本刺さってあるのが特徴のドリンクがあります。
興味がある方は是非。

 

 

 

この日は満腹になりしばらく何も食べる気が無く
早めにホテルのチェックインを済ませ夜の栄駅でワイワイ過ごしました。

 

 

そして次の日

 

 

 

BUCYO COFFEE (ブチョーコーヒー)

 

住  所:〒450-0003 名古屋市中村区名駅南1ー10-9 山善ビル1F

営業時間:7:15-17:00

定  休  日:無し

 

 

BUCYO COFFEE入口

 

 

お店の前に長蛇の列ができており、かなり人気なお店だと認識しました。

 

入口にオジサンの人形が置いてあるユニークなお店。
思わずツーショットを撮ってしまいました。

 

店内の様子は満席で忙しそうだったので撮影は控えました。

今回注文したのは「小倉&きなこ W乗せモーニング」とセットの「アイスコーヒー」です。

 

 

小倉&きなこ W乗せモーニング 食べログ様から引用

 

 

お店がこだわりぬいて作りあげた甘さ控えめの小倉あん煎り大豆クランチ入りきなこバター
焼きたての厚切りパンと相性が良くまた食べたくなるおいしさです。

セットで頼めるアイスコーヒーもジョッキで出てくるというまさかのジャンボサイズでの登場でビックリしました。
飲みきったらお腹タプタプ間違いなしです(笑)

お値段はセットドリンク付けて¥1,400程です!

 

 

コンパル 大須本店

 

住  所:〒460-0011 名古屋市中区大須3-20-19 大須新天地通・万松寺北

営業時間:8:00ー21:00

定  休  日:無し

 

 

コンパル大須本店 店内   己【おれ】様から引用

 

 

昭和22年に創業されたこちらの喫茶店
創業当時から変わらぬ味付けで自慢のサンドイッチとコーヒーを販売し続けております。

店内はレトロ感な内装をしており静かでとても落ち着ける感じです。

今回注文した料理は
雑誌の取材で必ず取り上げられるお店の看板メニュー「エビフライサンド

氷の入ったグラスとデミタスカップに入ったホットコーヒーを渡されて
自分で作るスタイルが特徴の「アイスコーヒー

上記2品でお値段は¥1,500程です。

 

 

エビフライサンド

 

 

こちらの商品はエビフライを3本とふわふわのタマゴにカツソースとタルタルソースのダブルソースを使用しています。

同じ名古屋発祥のコメダのカツサンド程の大きさではありませんが全部食べてるといい具合にお腹に溜まりました。
そして綺麗に食べようとすると必ず中身のエビフリャーがこぼれてしまいます(笑)

 

 

名古屋情報通様から引用

 

ホットコーヒーと同じ豆で同量の粉を使い、湯量を減らしてホットコーヒーよりもさらに濃く抽出します。
氷の入ったグラスに注ぎ瞬時に冷却することで味と香りが変わらず氷が解けてホットコーヒーと同じ濃度となります。

「コンパル」は名古屋市内のみにあるローカルチェーン店で現在9店舗営業してます。
本当に美味しいので県外にもお取り寄せか進出してほしいです。

 

 

まとめ

 

前職で名古屋に行っていた時期がありましたが中々お店に行く機会を得られずでしたが
こうして再び訪れて満喫できたので達成感を得られました。

名古屋の方々は地元愛に満ち溢れている方々が沢山おり
よそ者の私でも分け隔てなく接してくださったので心が温まる本当にいい場所でした。

あんこが名物の名古屋はつぶあんやこしあんもそうですが
ひと手間加えて作られた「きな粉あん」や「芋あん」を使用されたスイーツも年々増えており
今、世間から注目を浴びつつあります。

余談ではありますが名古屋はさつまいもをふんだんに使用した
スイーツショップが沢山置いてあり芋好きにはたまらない町となっております。

また名古屋に足を運ぶ機会がございましたらご紹介します!

 

最後に

 

今回は名古屋の飲食店をご紹介させていただきました。
過去に飲食店の新装工事をおこなったこともございますのでよろしければ下記のブログもご覧ください。

飲食店を経営している方、これから始めようとお考えの方、もしくはどのように工事しているのか気になってる方はよろしければ過去の施工事例をご覧ください。

 

【施工事例】新装工事 府中市飲食店

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オフィスビル・テナント(店舗)の原状回復工事、入居工事、移転、撤退、リフォーム工事など

検討中でしたら是非、弊社へお気軽にご連絡下さい。

 

Instagram     Twitter     Facebook  

SNSからもお問い合わせできます。是非、ご一緒にご覧ください。

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」の

提供を目指してお手伝いさせていただきます。

 

◆豊島区池袋の内装工事・原状回復工事ならオフィス回復ドットコムまで◆

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

内装工事の流れ

こんにちは。

オフィス回復ドットコムのY.Yです。

当社は東京都豊島区池袋にオフィスを構え、関東一円で内装仕上げ工事・原状回復工事を中心に施工している内装業者でございます。

今回は非住宅建築における基本的な工事のおおまかな流れをご紹介します。

それではご覧ください。

 

 

①壁下地墨出し

 

 

建物の基準墨から図面に基づき間仕切り壁下地に組む位置、
ボード貼りの仕上がり位置、開口部などの墨を出します。

 

 

②空調設備・電気配線

 

 

天井に空調設備の設置及び配管に合わせ照明器具等の電気配線を行います。

 

 

 

③天井・壁下地組

 

 

 

LGSなどで天井の下地を組み、その後①の墨を基準に壁下地を組みます。
(耐火区画壁の場合は天井スラブまで壁下地を先に組みます)
次に壁下地の間に配線の管を通しコンセントやスイッチを
取り付けるためのアウトレットボックスを入れて下地に固定します。
また仕様に合わせ壁下地にロックウールなどの断熱材を充填をします。

 

 

 

④室内建具枠の取付

 

 

 

建具の枠を壁や天井の下地に取り付けます。

 

 

 

⑤ボード貼り

 

 

収音性能や防耐火性能などにより定められる仕様の石膏ボードノドをビスで天井・壁下地組の固定します。

その後照明器具やコンセント・スイッチの位置のボードを開口します。

 

 

 

 

⑥二重床工法

 

 

支柱調整式はベースプレートを床に固定し支柱を並べパネルを置きます。
プラスチックなどの支柱一体型は不陸をクッションシートなどで
調整しつつ設置をして、最後に床に電気やLANケーブルなどの配線をします。

 

 

 

⑦仕上げ

 

 

最初に壁や天井にクロスや塗装などを施します。
(天井などの塗装はボード貼りが完了後に行います。)

次にタイルやカーペットなどに敷き込み、巾木を取り付け
最後に照明器具やコンセント・スイッチのプレートを取り付けて完成です。

 

 

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしょうか、弊社は空調設備の設置、LGS組立、ボード貼りなどあらゆる工事を行っております。

今回は軽く流れをご紹介させていただきました。
他にも過去ブログでは様々な施工事例もございますのでそちらも是非ご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オフィスビル・テナント(店舗)の原状回復工事、入居工事、移転、撤退、リフォーム工事など

検討中でしたら是非、弊社へお気軽にご連絡下さい。

 

Instagram     Twitter     Facebook  

SNSからもお問い合わせできます。是非、ご一緒にご覧ください。

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」の

提供を目指してお手伝いさせていただきます。

 

◆豊島区池袋の内装工事・原状回復工事ならオフィス回復ドットコムまで◆

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

都内飲食店の新装開店工事

こんにちは、オフィス回復ドットコムです。

東京都豊島区池袋にオフィスを構え、関東一円で内装仕上げ工事・原状回復工事を中心に施工している内装業者でございます。

オフィスの内装工事のことなら何でもご相談ください。

 

都内の飲食店が今回の紹介現場になります。

 

まず、軽天と壁のLGSを組んでいきます。

 

 

軽天の上に断熱材を挟んで、天井・壁にボードを貼っていきます。

 

断熱材についてはこちらをご覧ください。

内断熱について解説

 

点検口の部分を除いてあらかた石膏ボードを貼り終えたのが下の写真です

 

こちらの写真は通常タイプの石膏ボードが使われています。

 

こちらでは白っぽい石膏ボードが貼られております。

 

石膏ボードにも耐水加工して、耐水性能を高めたボード。

 

通常のものよりも厚みを増すなどして、耐火性能を高めたものなどいろいろな特徴を持った石膏ボードがあり、用途に合わせて施工しております。

 

 

石膏ボードに関しては以下の過去記事も参照ください。

石膏ボードとケイカル板の違い

石膏ボードと岩綿吸音板の違いについて

 

 

東京でビルの原状回復(現状回復)、改修工事、改装工事をご検討中でしたら。

お気軽にご相談下さい。
お急ぎ、スピード重視でしたらぜひ、お気軽に当社まで。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オフィスビル・テナント(店舗)の原状回復工事、入居工事、移転、撤退、リフォーム工事など

検討中でしたら是非、弊社へお気軽にご連絡下さい。

 

Instagram     Twitter     Facebook   

SNSからもお問い合わせできます。是非、ご一緒にご覧ください。

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」の

提供を目指してお手伝いさせていただきます。

 

◆豊島区池袋の内装工事・原状回復工事ならオフィス回復ドットコムまで◆

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

【施工事例】内装工事|改修工事(リフォーム工事) 西東京市田無町飲食店

こんにちは、オフィス回復ドットコムです。

東京都豊島区池袋にオフィスを構え、関東一円で【内装工事】全般と【原状回復工事】を中心に工事をしている、内装会社(内装業者)です。

 

今回、ご紹介させていただきますのは飲食店様の改修工事になります。

 

 

改修工事・リフォーム工事について

 

お店を長く営業をしていると店舗の老朽化は必ず起こります。老朽化は天井、壁、床、様々な箇所に起こりますので、修繕のタイミングを見極める為に定期的な保守点検をおこない、汚れ・故障などないか日頃からチェックをし、メモをしておくことをお勧めいたします。

メモするチェックポイントとして(天井・壁・床・設備)

 

⚫︎汚れ
⚫︎破れ
⚫︎高さ
⚫︎油染み
⚫︎腐食
⚫︎穴・凹み
⚫︎建てつけ

 

を定期的なメンテナンスなどと同時にメモしておきましょう。

メモを取った上で、大まかな目安の年数が5年から10年に改修工事を行っている店舗が多いです。

クロスなどは黄ばみなどがあるので飲食店ならではですが、煙や油の多い料理を提供する店舗では、3年ほどで顕著に見栄えが悪くなってきますのでそのタイミングで行うのもお勧めです。

内装工事業者選びの際は、飲食店の店舗の特性をよく理解している、改修工事の実績が豊富な会社がお勧めです。長年の経験があれば隅々まで目が届き、万一トラブルが発生した場合でもスムーズな対応が期待できますので業者選びの際はこちらを参考にしてお探しください。

 

 

では、飲食店の施工事例のご紹介になります

 

飲食店|改修工事|内容詳細

工事名称:改修工事・リフォーム工事

工事現場:東京都西東京市田無町 テナントビル1F

工事期間:約1週間

内容詳細:中国家庭料理店様の改修工事内容ですが、既存の壁材を剥がし新しくLGS(軽量鉄骨)工事をおこない断熱材(旭ファイバーグラス)を詰め込み、石膏ボードを貼り付け、出入り口には建具をはめ込み、ボードの角にはコーナーを嵌めます。
天井も同様に施工をおこないます。元々、天井に穴があった箇所に合わせてボードをカットして、ビスを使用して貼り付けます。その後、クロス貼り付けをおこないます。

現場の施工写真になります。

LGS(軽量鉄骨)工事

LGS(軽量鉄骨)工事

 

 

LGS工事のメリットを3つ程紹介いたします。

LGS(軽量鉄骨)は、木材にはない3つのメリットがあります。

  • 建物の安全性を向上させ、木材よりも防火性と安定性が優れている
  • 耐久性を維持するだけでなく、建物の負荷も少ない
  • 施工にかかる費用を抑える効果なども期待できます

 

LGSを建てた間に断熱材を隙間なく詰め込みます

LGSを建てた間に断熱材を隙間なく詰め込みます

 

断熱材(グラスウール)のメリットの紹介

  • コストが安い
  • 燃えにくく、耐火性に優れてる
  • 音を吸収して防音の効果が高めます

 

出入り口に建具を施工しています。

出入り口に建具を施工しています。

 

※建具とは、開口部に設けられた障子や襖(ふすま)・窓・ドア・戸などの可動部分とそれを支える枠などの総称を指します。

 

ボード仕上げ工事:石膏ボードを使用してLGSの枠に合わせて貼り付けます。

ボード仕上げ工事:石膏ボードを使用してLGSの枠に合わせて貼り付けます。

 

石膏ボードについてなら下記の記事も是非、参照ください。

 

石膏ボードと岩綿吸音板の違いについて

 

 

天井の穴を塞ぐ施工

天井の穴を塞ぐ施工

 

 

以上が施工写真になります。

 

まとめ

改修工事について簡単にご説明させていただきます。

改修工事とは、建物を修理・修復をして改めることを言います。 改修工事は原状回復させるだけではなく、建物の機能向上を目指してグレードアップさせる工事です。例をあげると地震対策や断熱、防音、様々な設備を向上させることなどが当てはまります。

今回ご紹介した改修工事は、LGSのメリットでご紹介させていただいたとおり

  • 建物の安全性を向上させ、木材よりも防火性と安定性をあげる工事をさせていただきました。

改修工事はタイミングを見極めて、5年〜10年の間に1度のペースで行われるのが多いです。改修工事の為にも定期的に店舗をチェックして工事費用は積み立てて準備しておくことをオススメします。

 

最後にもし、改修工事をお悩みでしたら是非、お気軽にご相談ください。

改修工事のエキスパートが疑問などにお答えさせていただきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オフィスビル・テナント(店舗)の原状回復工事、入居工事、移転、撤退、リフォーム工事など

検討中でしたら是非、弊社へお気軽にご連絡下さい。

 

Instagram     Twitter     Facebook   

からお問い合わせもできます。是非一度ご覧ください。

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」の

提供を目指してお手伝いさせていただきます。

 

◆豊島区池袋の内装工事・原状回復工事ならオフィス回復ドットコムまで◆

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

 

 

【施工事例】新装工事 府中市飲食店

こんにちは、オフィス回復ドットコムです。

東京都豊島区池袋にオフィスがあり【内装工事】【原状回復工事】を手掛けさせて頂いてる内装業者になります。

 

今回ご紹介いたします、施工事例は飲食店様のオープンに向けての工事になります。

 

施工名称:新装工事

施工現場:東京都府中市宮町 飲食店

施工日数:約1週間

施工内容:LGS(軽量鉄骨)工事とボード工事、点検口取り付け工事を施工させていただきました。

 

まずはLGS工事からのボード貼り付けの施工写真から

 

点検口取付作業

 

施工写真は以上になります。

様々な施工実績豊富にあります。

飲食店の内装工事をご検討してるならぜひ、お気軽にご相談下さい。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オフィスビルの原状回復工事、入居工事、移転、撤退、リフォーム工事など

検討中でしたら是非、弊社へお気軽にご連絡下さい。

 

Instagram     Twitter     Facebook   

からお問い合わせもできます。是非一度ご覧ください。

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」の

提供を目指してお手伝いさせていただきます。

 

★池袋の内装業者ならオフィス回復ドットコム★

★豊島区の原状回復工事ならオフィス回復ドットコム★

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

 

施工実績(施工事例)

こんにちは、オフィス回復ドットコムです。

池袋を中心に関東一円で「原状回復工事」「内装工事」の

お手伝いをさせていただいております。

今年の梅雨はいつ明けるのでしょうか。

 

では、本日は飲食店様の施工事例をあげさせていただきます。

M飲食店さまの新テナントをお手伝いさせていただきました。

キッチン周りです。ここから囲いを作っていきます。

軽天作業(LGS)

仕上がり図

囲いが続々と作られて行きます。

壁の作業(PB)ボードの貼り付けなど

 

仕上がりはすごいお洒落なお店になりました。

 

では、また次回もご覧ください。

 

 

Instagram、Twitter、Facebookフォローよろしくお願いいたします。

      

上記からもお問い合わせ大丈夫です。

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い、中間業者のマージンを省くことで

「少しでも安く、いい物を」という思いから、お客様のコスト削減になる価格でのサービス提供を行っております。

自信があるから、相見積もりも大歓迎です。

「どこの業者に依頼すればいいのか。」

「工事費用はどれくらい。」

『オフィス、店舗、倉庫の移転』、原状回復工事、リフォーム工事(内装工事)等々

上記以外でもお困りの事についてございましたら

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

~~~~~~ikebukuro~~~~~~

池袋の原状回復工事/内装屋さん

オフィス回復ドットコム

〒171-0014

東京都豊島区池袋4-30-10

TEL:0120-978-226

~~~~~naisouyasann~~~~~