オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2022年3月

What is skeleton?What is restoration construction work?

Hello everyone!We here are Office restoration Dot.Com. website.

We are executing construction work professionally, mainly for office buildings of 【Interior decorative finishing work・Restoration work】, based at Ikebukuro, Tokyo. and all over Kanto area for you. Of course, we are also doing construction of various buildings.

 

Then, today, we are explaining,

Skeleton and office restoration construction work

In the first place, if we search the word of skeleton by internet, it will always come to appear with restoration construction work.

Skeleton is pointed to be complex of body structure such as pillar・beam・floor and so on which support building. 「Skeleton」which comes out when looking for shop or store property means room situation without interior decorative facility. In this case, the meaning is close to former decorative furnished property. Former decorative furnished property is the situation with interior decorative facility of former shop or store.

When moving into a property and exchanging contract sheet, in almost all the cases, property is presupposed to be returned to 「originally restored」skeleton situation when leaving out. That is, basic condition is 「skeleton renting, and skeleton return」.

Furthermore, if simply making summary, it means,

「Things which is used, please return with original situation」.

In the event of renting property, before moving out of it, it is necessary to restore it originally.

In the case of renting for living, vacant room cleaning is often carried out at the cost of tenant owner.

However, in the case of shop or store, renter is responsible for the cost generally before leaving out, and it is also described so in the contract sheet. As the term of restoring originally indicates, it is necessary to return with original situation before entering into the property.

Especially, if the room layout was greatly changed, it is necessary to repair or restore not only partition wall, but also ceiling, floor and so on.

In the event of entering into a property and open shop or store, it is necessary to consider probable arising cost when leaving out in advance.

 

We are going to explain a few points as follows which to be known and understood on restoration construction work of shop or store. Please refer to them for your reference of selecting property.

 

Restoring construction work is called to be a kind of work for returning to the original situation of moving out equipment, and carrying out repairing floor, wall, or ceiling, then enable the next shop or store renter to easily enter into the property.

 

In that case, there are two kinds of construction work, one is only restoring to original situation when own self entered into the propertybefore, and the other is skeleton work to take away all except building structure.

 

As for restoring construction work, as it is only necessary to restore to the situation when entered into the property by removing installed equipment and taking away partition wall and others, then return the property after re-covering cloth or floor.

While, in the case of skeleton work, it is necessary to move out all except basic structure such as beam, pillar, outside wall, and roof.

In the case of steel reinforced concrete building used for tenant, it is treated as the situation of undressed concrete.

The cost differs greatly whether it is required restoration work or required skeleton work.

However, there are a lot of cases to be required skeleton work as restoration work. In that case, it is a sequence of work of interior decorative demolition work, skeleton work, up to waste disposal.

In general, in the case of rented a property as skeleton situation, skeleton work is required before returning the property.

 

However, there still are exceptional cases.

Even though it is a former decorative furnished property, skeleton work may be required when returning property.

In accordance with the thought of restoring originally, the property is to be returned as former decorative furnished property situation.

When renting decorative furnished property, there is a merit of reducing cost of equipment or partition, too.

Instead of that, before leaving out of the property, there may be a contract of required as skeleton situation when returning it.

In the case of renting shop or store, we recommend you to be sure to check the contract with the lender properly.

 

That is all for our explanation today.

 

On 『office renewal・shop or store modifying decoration』, its interior decorative finishing work・restoration work and so on, if you are in trouble or worried, please feel free to give us your inquiry in the first place.

Please follow up our Instagram, Twitter, and Facebook light heartedly.

 

 Instagram     Twitter     Facebook   

From price quotation up to construction work finishing, our company is directly managing and working by ourselves, so we are aiming to supply「most reasonable, high quality and good products」 to you.

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~Ikebukuro~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★If you look for interior finishing company in Ikebukuro, ask Office restoration Dot.Com★

★If you also look for office restoration work in Tokyo, ask Office restoration Dot.Com.★

Our address: 〒171-0014 4th floor, Musashiya No.3 Building, 62-10, 2-chome, Ikebukuro, Toshima, Tokyo

Free phone: 0120-978-226

~~~~~~~~~~~~~~~~~INTERIOR FINISHING COMPANY~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

スラブとは

こんにちは、オフィス回復ドットコムです。

東京都豊島区池袋にオフィスがあり、関東一円で【内装仕上げ工事・原状回復工事】を手掛けております。

 

本日はスラブについてです。

スラブという言葉、聞きなれない方が大半だと思います。

建築用語なのですが、現場では当たり前だそうです。

 

簡単に言うと、鉄筋コンクリート造(RC造)の床や屋根のことを指します。

元々は「平板」「石板」を意味する言葉で、「スラブ」とだけ表記した場合には必ずしも建築における用語ではないと言えるでしょう。

スラブはその意味どおり、基本的には平らな板のような形をしています。床を指す時には「床スラブ」、屋根を指す時には「屋根スラブ」ということもあります。

スラブは一般的にコンクリート製で、強度を保つために鉄筋が格子状に埋め込まれています。木造に比べて騒音や歪みに強いと言われており、その特性からマンションや公共の施設ではスラブが多用されています。

 

ひとくちにスラブと言っても、建築においてはさまざまなスラブがあります。中には多少、用語の混乱もあるようです。ここではスラブの種類を解説いたします。

 

・土間コンクリート
コンクリート製の床の1つ。上からの荷重のほとんどを地面が受ける構造になっています。よって、コンクリート自体に埋め込む鉄筋もスラブよりも軽微なもので済むとされています。ただし地盤の影響を受けやすく、地盤沈下が起きた場合にはコンクリートが荷重を受けきれず破損する可能性もあるとされます。
なお、土間スラブと呼ばれることがあるのですが、それは誤用と言われることもあります。

・構造スラブ
土間コンクリートと違い、柱や梁によって支えられるコンクリート製の床を構造スラブと呼びます。2階以上の床と似たつくりになるため、荷重はこの構造スラブ自体が受けます。そのため、コンクリートの中に埋め込む鉄筋は土間コンクリートより強固なものである必要があります。その分、土間コンクリートと違い、構造スラブは地盤沈下が起きても比較的影響を受けづらいとされています。

・2重スラブ
床スラブが、2重構造になっているものです。2つのスラブの間にはスペースができる事になります。このスペースに給水や排水などの配管を通すことができ、配管を露出せずに済むという役割もあります。

・フラットスラブ
梁がないスラブを、フラットスラブと呼びます。梁で支えない代わりにに、柱でのみ支持する構造です。梁が無いことで天井を高くすることができ、開放的な空間の演出に役立ちます。また、大きな窓をつくることができる点も特徴の1つです。

しかし耐久性において気を付けなくてはいけない点があるとされています。柱でのみ支えられているため、衝撃が柱とスラブの接触する狭い1点に集中し、柱がスラブを突き抜ける「パンチング破壊」という壊れ方をする可能性が考えられています。

・片持ちスラブ
窓の外の庇(ひさし)やエントランスの雨除けなど、片方だけが壁に支持されているスラブです。もう片方は空間に浮いている形となります。その形状のため一般的には支持が弱く、建築において注意が必要とされるタイプのスラブです。

 

ひとくちにスラブと言っても、様々な床版がありますね。

鉄筋コンクリート造の建築物において、床の荷重を支える構造床は内装工事をする

当社には重要な関わりがあります。

作業をするとき、床がしっかりしてないと重要な事故にもつながりますので

しっかりスラブコンクリートを施工している工事業者様に感謝です。

 

 

 

では、本日は以上になります。

『オフィスリニューアル・店舗改装』内装工事・原状回復工事 等々、悩んでる方は

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Instagram     Twitter     Facebook   

のフォローもお気軽にして下さい^^

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」を提供を目指してお手伝いさせていただきます。

 

~~~~~~~~~~~~IKEBUKURO~~~~~~~~~~~~

★池袋の内装業者ならオフィス回復ドットコム★

★東京の原状回復工事もオフィス回復ドットコム★

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

~~~~~~~~~~~NAISOUGYOUSHA~~~~~~~~~~~

 

FG보드시공

안녕하세요.사무실회복닷컴입니다.

이케부쿠로를 중심으로 관동일대에서「원상회복공사」「인테리어공사」를 운영하고 있습니다.

 

오늘은 『FG보드』시공내용에 대해서 입니다.

 

FG보드란 곡면시공을 할수 있는 섬유강화석고보드입니다.

부드러운 색깔을 가지고 표면강도가 우수하고, 또한 곡면시공을 쉽게 할수 있는 불연보드입니다. 다양한 인테리어디자인에 폭넓은 가능성을 가져다줍니다.

 

유연성이 매우 좋기 때문에 완만한 곡면에 대해서는 그대로(드라이공법)으로 시공할수 있습니다.

물을 뿌려 수분을 흡수시키면 (Wet공법) 급격한 곡면의 시공도 가능합니다.

석고보드에 속하지만 인성은 유연한 보드에 필적합니다.

굴곡강도는 규산칼슘판보다 강하고 내충격성은 석고보드보다 우수합니다.

 

FG보드의 가공법은 보드에 물을 뿌려 곡면하지에 맞춰서 곡면시공하는것입니다.

 

물뿌리개로 살수하는 살수방법은 보드를 수평면에 놓고 한면에 살수하는 겨우는 물뿌린후 7~8분, 양면에 살수하는 경우는 한면에 물뿌린후 약3분, 또 다른 한면에 물뿌린후 약 3분, 각각 방치하고 판의 중심까지 충분히 흡수시킨후 시공합니다.

곡면을 더 아름답게 마무리할때는 (간이)형식으로 평탄하게 합니다.

더 아름다운 곡면을 내기 위하려면 2장을 붙이는것을 추천합니다.

그외에도 석고보드, 규산칼슘판에 비하여 차음성능이 우수합니다.

 

자주 사용하는 곳으로는

음악홀,병원,회관,쇼핑몰,가게,문화센트,호텔,체육관,지하공간등의 입구와 로비 외에,

충격에 견디는 학교벽등에 많이 유용하고 있습니다.

 

현장에서의 의견이지만,

겨울에 진행하면 정말 너무 춥다고 합니다.

살수에 꽤 많은 물을 사용하기에 당연히 많이 춥겠습니다.

여름에 하면 이 작업은 최고이겠지요!

 

인테리어공사등 생각하시는 분은 부담없이 저희 회사에 상담해주세요.

 

오늘은 이상입니다.

 

오피스리뉴얼상가리모델링등 인테리어공사원상회복공사 등 등

궁금하시는 사항에 있으시면 저희 사무실회복닷컴으로 문의해주세요.

 

「Instagram、Twitter、Facebook」팔로우와 좋아요 잘 부탁드립니다.

Instagram     Twitter     Facebook   

저희 회사는 견적에서 시공완료까지 모두 당사에서 실시함으로

고객님께조금이라도 싸게그리고 좋은 품질과 좋은것을제공하고 있습니다.

 

물론,다른 회사와 비교해도 괜찮습니다. 비교견적도 환영합니다.

어디에 의뢰하면 좋을까요? 공사비용은 얼마일까

상기외의 질문도 언제든지 연락주세요.

사무실상점창고의 이전,원상회복공사리모델링공사 (인테리어 공사등등

우선은 부담없이 문의해주세요.

~~~~~~~~~~이케부쿠로 ~~~~~~~~~~

★ 이케부쿠로 인테리어업체라면 사무실회복닷컴 ★

★ 도쿄의 원상회복공사도 사무실회복닷컴 ★

〒171-0014

도쿄도 토시마구 이케부쿠로 2-62-10무사시야 제3빌딩 4층

TEL : 0120-978-226

~~~~~~~~~실내인테리어업체~~~~~~~~~

施工例「改修工事」スーパーマーケット様

こんにちは、オフィス回復ドットコムです。

東京都豊島区池袋を拠点に関東一円で《内装仕上げ工事》《原状回復工事》を手掛けております。

 

今回ご紹介させていただきます、施工事例ですが

世田谷区にあります、スーパーマーケット様になります。

工事の種類は【改修工事】にあたります。

改修工事とは

改修工事とは、建物の修理や修復に留まらず昨日の向上を目指してアップグレードさせる工事を指します。
例えば、地震が起きても建物の安全性が保たれるようにと耐震改修工事を行うことや、住環境を改善するように断熱住宅に工事することが挙げられます。

さらに、近年では高齢者や体の不自由な方、ベビーカーを利用しているご家族のためにバリアフリー化やエレベーターの設置なども行われています。

 

上記を踏まえた上で、階段の改修工事をご紹介いたします。

施工前の昇階段の画像になります。

 

手すりも何もついていない状態ですね、床も晒されてる状態です。

このままだと危険なので改修工事されていきます。

 

最終的には全部工事されて

このような仕上がりになります。

では、出来上がりまでの過程になります。

手すりを付ける箇所に枠付けをして

腰壁に化粧板を貼っていく作業になります。

腰壁に使用する化粧板は
ケイカル板をベースに、表面にアイカ・マーレスシートを貼り合わせた不燃化粧板を使用しております。

マーレスシートは耐摩耗性、耐汚染性、耐テープ剥離、耐薬品性、耐溶剤性に優れた高機能の化粧ボードです。

この化粧ボードを腰壁のサイズを測りカットします。
さらに手すりをつける箇所の高さを測り穴空け加工をします。

 

カットした材料を腰壁に圧着貼り施工を施します。

化粧ボードを圧着貼り施工した状態がこちらになります。

圧着貼り工法とは、湿式工法(しっしきこうほう)で行う壁タイルの施工方法のこと。
下地のモルタル面に貼り付け用のモルタルを塗りつけて、硬化する前にタイルをもみこむように貼り付けていきます。
※湿式工法…施工工程で水を使って防水加工を施す工法

 

この過程を全ての階段箇所に施して手すりをつけて完成の写真になっていきます。

 

今回の改修工事の特徴として安全性・機能性の向上を目的として工事されております。

施工事例は以上になります。

『オフィスリニューアル・店舗改装』内装工事・原状回復工事 等々、悩んでる方は

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Instagram     Twitter     Facebook   

のフォローもお気軽にして下さい^^

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」を提供を目指してお手伝いさせていただきます。

 

~~~~~~~~~~~~IKEBUKURO~~~~~~~~~~~~

★池袋の内装業者ならオフィス回復ドットコム★

★東京の原状回復工事もオフィス回復ドットコム★

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

~~~~~~~~~~~NAISOUGYOUSHA~~~~~~~~~~~

 

ABC施工工事是什么?「A工事・B工事・C工事」

大家好!我们这里是办公室修复原状Dot Com网站博客。

 

在东京都池袋做办公据点,我们在从事【室内装饰施工工事・修复原状施工工事】,为客户服务。

(一张)

今天,我们将要说明一下ABC施工工事。

目次

 

1 ABC施工工事是什么?

1.1 关于A工事

1.2 关于B工事

1.3 关于C工事

 

ABC施工工事是什么?

ABC施工工事分为《A工事・B工事・C工事》。

除了从事施工工事行业单位、从事房产单位以外,我们觉得这些是罕见少听的词汇。

 

此ABC工事可以分为到底谁负担室内装饰施工工事费用,谁选择具体做的工事行业单位。

根据此工事区别即A、B、C,该费用有了很大的变动。

各个工事区别按每栋建筑物都不同,务必事先确认吧!

 

关于A工事

A工事,所有建筑物的单位(或个人)全部签订工事・选定工事单位・负担费用了。

本工事内容是,建筑物躯体部分、有关共用设施的部分、建筑物室外装饰、外壁、屋顶、共用洗手间、电梯、楼梯、消防设施、和排水设备。因为这些都是为了保持整个建筑物的资产价值而做的施工工事,所以全部都是由所有本建筑物的单位(或个人)来负担的。

针对作为租户而租用房产的场合,A工事并没有有关系的事情。

 

关于B工事

B工事最不好了解。

本施工工事的签订是由租用方决定,选择具体工事单位是由所有建筑物的单位(或个人)来选定,负担费用却是由租用方。

本工事是由租用方的要求,以所有建筑物的单位(或个人)的权限而进行的工事。

 

本工事内容是关系到整个建筑物的部分,比如空调设备、排水、排气、防水・防灾设备、配电盘等。

 

关于备置着专用部位的设备,如果它被判断跟整个建筑物有关系的话,会成为B工事的结果比较多。

因为本工事是租户办公室区域内的工事,所以费用负担是由租用方。

 

因为租户自己并不可以选定做工事的单位,所以不好管理成本费用。

如果做着同样的前后两次工事,其中一次也许可能会需要比想象更贵的费用。因此,请注意!

 

关于C工事

C工事是,全部都由租用方选定工事的签订、选定具体施工工事单位、负担费用的。

本工事是租用方从建筑物所有单位(或个人)拿到许可而签订进行的工事,比如房产租户内部的工事等。也是房产租户内的室内装饰施工工事、家用器具、照明、电气工事等。

本工事,因为租用方可以选定全部,所以可以节省成本费用,也选定自己喜欢的工事单位。

 

我们到这里说明了ABC施工工事。

如果贵方租用房产之际,撤去前,绝大多数房产有修复原状的义务。

 

需要修复原状施工工事之际,了解好上述ABC工事内容区别的话,那就对费用和责任都清楚。因此,记得这些情况对各位也不少帮助吧。

如果贵方打算考虑办公室的搬迁等,务必参考一下!

租用店铺之际,一定准确确认跟该房东单位(或个人)的合同吧。

 

今天,我们的说明到此为止。

 

关于『办公室的更新・店铺改装』,室内装饰施工工事・修复原状施工工事等,如果贵方感觉为难或有疑问,首先,请给我们随意来查询!

 

欢迎贵方随意关注我们的「Instagram、推特、Facebook」。

Instagram        推特        Facebook   

 

从报价到施工完毕,我们公司全部都是亲自安排工事,我们的目标是给客户供应「尽可能便宜的、质量高的好产品」。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~池袋~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★如果贵方想找池袋的室内装饰单位,务必来找办公室修复Dot .Com.网站★

★如果贵方想找东京的办公室修复原状工事单位,务必来找办公室修复Dot.Com.网站★

地址: 〒171-0014 东京都丰岛区池袋2-62-10 武藏屋第三楼四层

免费电话: 0120-978-226

~~~~~~~~~~~~~~~~~~室内装饰施工~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

What is ABC construction work?「A work・B work・C work」

Hello everyone!We here are Office restoration Dot.Com. website.

We are a construction work contractor professionally of 【Interior decorative finishing work・Restoration work】, at Ikebukuro, Tokyo. for you.

 

Today, we are explaining ABC construction work.

 

 

Contents of the page

 

1 What is ABC work?

1.1 About A work

1.2 About B work

1.3 About C work

 

What is ABC work?

Construction work kinds of ABC works are divided into so called 《A work・B work・C work》.

Except for construction work contractors, real estate related business, these words seem to be unfamiliar words to you.

 

These ABC works are divided into who is responsible for cost allocation of interior decorative finishing work, and who will select work contractor.

According to the division, the specific costs come to vary greatly.

As work kinds of A, B or C as below differs according to the kind of buildings, we recommend you be sure to check to be applied to which work in advance.

 

About A work

As for A work, building owner is responsible for ordering construction work・selecting work contractor・cost responsibility, all of them.

The work details are building skeleton part, public facility related areas, building exterior, outside wall, roof, public toilet, elevator, stairway, fire-fighting facility, and drainage.

As these are construction work for keeping assets value of all the building, all the cost are borne by the owner.

A work has little to do with those who should move into its tenant.

 

About B work

B work is most difficult to understand.

The work order is from renter, the building owner will select work contractor, but the cost will be borne by renter.

It is a kind of work requested by renter, authorized by the building owner.

The work details are related to all building areas, such as air conditioning facility, drainage, ventilation, waterproof・flame-retardant facility, power distribution panel and so on.

As for facility equipped at individually owned space, if judged that it is related to whole building, it is often becoming B work. As it is a kind of work in the rented office area, the cost is borne by renter.

 

As it is impossible to select B work contractor by renter own self, cost control is difficult.

Even if the work kinds are almost the same this time and before, there is a probability of more costly case this time than expected. So, please be careful.

 

About C work

As for C work, the renter will order the work, select work contractor, and be responsible for the cost, all of them.

It is a kind of work which renter will order by obtaining permission in advance of building owner, such as the work in the tenant.

It is interior decorative finishing work in the tenant, household goods, lightening, electric work, and so on.

As the renter can select all, it is possible to control the cost, and choose own favorite work contractor.

 

We have so far explained ABC construction work.

If you shall rent tenant, almost all property must be recovered or restored, when leaving out.

If you understand construction work kind of A, B and C as above, it pays well and very useful to be able to understand the cost and possibility.

If you are thinking of considering your office relocation or so, please be sure to refer to the above information.

 

That is all for our explanation today.

 

On 『office renewal・shop or store modifying decoration』, its interior decorative finishing work・restoration work and so on, if you are in trouble or worried, please feel free to give us your inquiry in the first place.

Please follow up our Instagram, Twitter, and Facebook light heartedly.

 

Instagram     Twitter     Facebook   

 

From price quotation up to construction work finishing, our company is directly managing and working by ourselves, so we are aiming to supply「most reasonable, high quality and good products」 to you.

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~Ikebukuro~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★If you look for interior finishing company in Ikebukuro, ask Office restoration Dot.Com★

★If you also look for office restoration work in Tokyo, ask Office restoration Dot.Com.★

Our address: 〒171-0014 4th floor, Musashiya No.3 Building, 62-10, 2-chome, Ikebukuro, Toshima, Tokyo

Free phone: 0120-978-226

~~~~~~~~~~~~~~~~~INTERIOR FINISHING COMPANY~~~~~~~~~~~~~~~~~

軽量鉄骨(LGS)下地に使用する材料の種類

こんにちは、オフィス回復ドットコムです。

東京都豊島区池袋のオフィスを拠点に【内装仕上げ工事・原状回復工事】を手掛けております。

 

今回は間仕切り壁を軽量鉄骨(LGS)で下地を組み立てる際必要な材料別(部材別)の説明をご紹介いたします。

 

 

 

ランナー(ランナ)(土台)

 

参照:桐井製作所

まずは、ランナーになります。

ランナーとは、間仕切り壁の下地を施工する際に、上下に取り付けられるスタッド(間柱)を垂直に立てるためのレールの事です。

スタッドの規格により、ランナーの幅が定まります。JIS規格では板厚0.8mmとなっています。

基本的にランナーの固定は「ビス留め・打ち込みピン留・溶接 」などでおこない、下側は床スラブ上、上側は梁下やスラブ下に取付けます。打ち込み間隔は@900mm程度です。

 

スタッド(間柱)

 

間仕切壁下地で用いられるスタッドとは、上下のランナーに差し込み、垂直に建てる間仕切壁の柱のことです。

実は大きく分けて2種類あります。先ずは、一般的なコ型のスタッド、対するもう一つは、ロ型のスタッドです。ロ型のスタッドは、角スタッドと言われ施工が簡略化された材料で使用部材を少なく出来ます。強度確保のため、形状がロ型となっています。

スタッド同士の間隔はボード条件で異なり、1枚張り@300mm程度、重ね張り@450mm程度の間を空けます。JIS規格は写真のコの字型ですが、角スタッドを使用する場合もあります(※角スタッドは非JIS規格)。

振れ止め

 

「振れ止め」とはランナーやスタッドなどと同様に、LGS壁下地材として「JIS規格」の構成部材です。
振れ止めはスタッドの横揺れを防ぐ役割を持っていて、スタッドを連結する水平材です。

スタッドに設けられた貫通穴にリップを上向きにして通し、スペーサーと呼ばれる金具でスタッドに押さえつけて固定します。

スペーサー

 

ランナースペーサーとは、スタットと振れ止めを固定する金具で間仕切壁下地に中空層を設けるための金具です。遮音性能が求められる壁で使用されています。石膏ボードを貼るときに開閉しない役目も果たします。

金具を両端に取付けたスタッドを、ランナーに対して千鳥になるよう配置することで、両面壁張りでありながら、壁下地内部に中空層が生まれる仕組みです。

 

 

 

今回は間仕切り壁を施工する際の部材をご紹介させていただきました。

LGSは「スタッド」と「ランナー」で組み立てる単純な仕組みなので、木の素材に比べるとより効率的でスピーディーな施工を行なうことが可能です。

お急ぎの方ぜひお気軽にご相談下さい。

 

本日は以上になります。

『オフィスリニューアル・店舗改装』内装工事・原状回復工事 等々、悩んでる方は

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Instagram     Twitter     Facebook   

のフォローもお気軽にして下さい^^

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」を提供を目指してお手伝いさせていただきます。

 

~~~~~~~~~~~~IKEBUKURO~~~~~~~~~~~~

★池袋の内装業者ならオフィス回復ドットコム★

★東京の原状回復工事もオフィス回復ドットコム★

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

~~~~~~~~~~~NAISOUGYOUSHA~~~~~~~~~~~

 

ABC工事とは「A工事・B工事・C工事」

こんにちは、オフィス回復ドットコムです。

東京都豊島区池袋にある【内装仕上げ工事・原状回復工事】業者です。

 

 

本日はABC工事についてです。

ABC工事とは

ABC工事とは、《A工事・B工事・C工事》と言う区分に分かれます。
工事業者、不動産関係以外で聞くことはあまりない聞きなれない言葉だと思います。

このABC工事は内装工事を誰が工事費用を負担し、工事業者の選定を行うかで区分が分かれます。
この工事区分によって費用が大きく変わってきます。
工事区分はビルによって異なりますので、必ず事前に確認いたしましょう。

 

A工事について

A工事は全てにおいてオーナー様が工事を発注・業者選定・費用負担になります。

工事内容はビルの躯体部分、共用施設に関わる部分
ビルの外装、外壁、屋上、共用のトイレ、エレベーター、階段、消防施設、排水設備
建物全体の資産価値を保つための工事なので、すべてオーナー負担なのです。

A工事はテナントで入居する場合にはあまり関係することはありません。

 

B工事について

B工事は、1番分かりづらいです。
工事の発注は借主様、業者選定はオーナー様、費用負担は借主様になります。
借主様側の要望によって、オーナー様の権限で行う工事です。

工事内容は建物全体に関わる部分
空調設備、排水、排気、防水・防災設備、分電盤などです。

専有部分に備えつけられている設備ですが、ビル全体に関わりがあると判断されるとB工事になることが多いです。オフィスの区画内の工事であるため、費用の負担は借り主側になります。

B工事は自分では業者を選ぶことができないので、コスト管理が難しいです。
同じ工事を行っていても想定以上の費用がかさむ場合ということになる可能性がありますのでご注意ください。

 

C工事について

C工事は、全て借主様が工事の発注、業者選定、費用負担になります。
テナントの内部の工事など、借主様側がビルのオーナー様に許可をいただいて発注して行う工事です。

テナント内の内装工事、什器、照明、電気工事などになります。

借主様が全て選択できますので、コストを抑えることも好きな業者を選ぶことが可能です。

 

 

さて、ここまでABC工事をご説明させていただきました。

テナントを借りる際には、原状回復義務があるところが殆どですが

原状回復工事をする際の工事区分がわかっていれば、費用や責任がわかるので覚えておいて損はありません。

オフィス移転などご検討されている方ぜひ参考にしてください。

 

店舗を借りる際は必ず、貸主(オーナー様)との契約をきちんと確認するようにしましょう。

 

 

本日は以上になります。

『オフィスリニューアル・店舗改装』内装工事・原状回復工事 等々、悩んでる方は

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Instagram     Twitter     Facebook   

のフォローもお気軽にして下さい^^

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」を提供を目指してお手伝いさせていただきます。

 

~~~~~~~~~~~~IKEBUKURO~~~~~~~~~~~~

★池袋の内装業者ならオフィス回復ドットコム★

★東京の原状回復工事もオフィス回復ドットコム★

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

~~~~~~~~~~~NAISOUGYOUSHA~~~~~~~~~~~

 

スケルトンとは 原状回復工事とは

こんにちは、オフィス回復ドットコムです。

東京都豊島区池袋を拠点に関東一円で

オフィスビル中心に【内装工事】【原状回復工事】を手掛けております。

勿論、様々な建物も施工させていただいております。

 

では、本日は

スケルトンと原状回復工事についてです。

 

 

まずスケルトンで調べると原状回復工事が必ずついてきます。

スケルトンとは、建物を支える柱・梁・床などの構造駆体のことをいいます。店舗物件を探している場合に出てくる「スケルトン」は、店舗の内装設備がない状態のことをいいます。この場合、居抜きと近い意味になりますが、居抜きは店舗の内装設備がある状態のことです。

入居する際に契約書を交わす時、殆どの場合が、退去時はスケルトン状態に戻す「原状回復」を前提とする物件がほとんどです。つまり「スケルトン渡しのスケルトン返し」が基本となります。

更に簡単にまとめますと

「使ったものは元に戻して返してください。」と言う事です。

 

 

物件を賃貸すると、退去する際には原状回復することになります。

賃貸の場合、空室クリーニングは、大家さん(オーナー様)の負担で行われることが多いです。

しかし店舗の場合は、借手が負担することが一般的で、契約書にもそのように記載されています。原状回復ということばが示すとおり、入居前の元の状態に戻す作業が必要です。

とくに大きく間取りを変更した場合は、間仕切り壁だけでなく、天井や床にも改修工事を行う必要があります。

入居し、店舗をオープンする際には、退去することになった際に発生する費用も考えなければなりません。

 

 

店舗の原状回復工事について知っておくべきポイントいくつかご紹介いたします。物件選びの際の参考にしてください。

原状回復工事とは、設備の撤去や、床、壁、天井の修繕工事を行い、次の店舗が入居できるように元に戻す工事をいいます。

その際、自分が入居した時の状態に戻すだけの原状回復工事と、建物の構造体以外をすべて取り除くスケルトン工事の2種類があります。

 

原状回復工事では、入居時の状態を回復すればいいので、設置した設備を撤去し、間切りの壁などを取り除き、クロスや床を張り替えて返却します。

一方、スケルトン工事の場合は、梁や柱、外壁や屋根といった基本構造以外をすべて撤去しなければなりません。

テナント利用される鉄筋コンクリートビルであれば、コンクリート打ちっぱなしの状態にするということです。

原状回復工事かスケルトン工事であるのかで大きく費用も変わります。

しかし、原状回復工事としてスケルトン工事を求められることも多く、その際は内装解体工事、スケルトン工事、廃棄物処理までが一連の作業です。

一般的に借りた際にスケルトンであった場合は、スケルトン工事を求められることになります。

 

ただ例外もあります!

居抜き物件にもかかわらず、スケルトン工事を求められることがあります。

原状回復という考えに従えば、元の居抜き物件の状態に戻しての返却なります。

ただ、居抜き物件を借りる場合、設備や間取りの費用を抑えられるというメリットもあります。

その代わりに退去する際にスケルトンでの返却という契約があります。

店舗を借りる際は必ず、貸主との契約をきちんと確認するようにしましょう。

 

 

本日は以上になります。

『オフィスリニューアル・店舗改装』内装工事・原状回復工事 等々、悩んでる方は

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Instagram     Twitter     Facebook   

のフォローもお気軽にして下さい^^

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」を提供を目指してお手伝いさせていただきます。

 

~~~~~~~~~~~~IKEBUKURO~~~~~~~~~~~~

★池袋の内装業者ならオフィス回復ドットコム★

★東京の原状回復工事もオフィス回復ドットコム★

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

~~~~~~~~~~~NAISOUGYOUSHA~~~~~~~~~~~

 

 

 

現場で使う道具について

お世話になっております、オフィス回復ドットコムです。
池袋を中心に関東一円範囲で「内装工事」「原状回復工事」をメインにお手伝いさせていただいております。

 

今回は現場で使われる道具について、一部ですが簡単に紹介したいと思います。

 

水糸

内装よりもっと前の工程になりますが、土台となる部分の基礎工事や型枠を作るといった工事などで主に使われるものになります。内装でも天井部分の施工の場合には、必要となるようです。レーザー墨出し器というものがありますが、室内に傷をつけたくない場合やDIYなどでは重宝しそうです。水糸を固定する方法は、重石などに巻きつけて垂らした重みで張る、スタッドやランナーなどに巻きつけるなど簡易な方法は考えられますが、精度が必要かどうかによりますので目的に応じて適切な方法で施工しましょう。

 

高速カッター

LGSは定寸として2.5m~5mありますが、現場によっては長さの調整が必要になる時があります。そういう時は現場で直接切る道具が高速カッター(高速切断機ともいう)となります。ディスクグラインダーとの違いは資材を固定できる部分がついているかどうかです。ディスクグラインダーは手で支えるため高速切断機に比べると小型の商品で、高速切断機はディスクグラインダーを大型化して安全性や安定性、切断精度などを上げた商品となります。ディスクグラインダーはそもそも切断を目的に作られた製品ではなく、研削が主な用途として作られた製品ですので、切断もできる(得意というわけではない)と考えておいたほうがいいです。使う頻度が高いようであれば、切断用の工具を購入したほうが安全に作業ができるのかな、と考えられます。代用品くらいの感覚で用いるのがいいのかもしれません。

 

メンテナンス

高速切断機などの機具はしっかりメンテナンスしないとけがや事故につながる危険性があるため、使う前にも目視での点検と使用後は防錆用のオイルなどでしっかり手入れをして安全に作業できるように気をつけましょう。高速切断機は自由研削といしの特別教育が修了した者でないと、といしの交換と試運転はできません。安全に使用するために、作業を始める前などには試運転をすることを心がけ、異常や違和感がないか確認し事故を回避できるように努めましょう。高速切断機でLGSを切断すると火花が飛ぶため周りには物を置かないようにし、周囲には防炎シートなどで延焼防止の対策も講じておきましょう。

本日は以上になります。

 

 

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

天井や壁の補修工事、塗装工事はもちろん店舗の新規オープンや
リニューアルのことなら、ぜひオフィス回復ドットコムまでお気軽にご相談ください。

「Instagram、Twitter、Facebook」フォローお待ちしております。

 

Instagram     Twitter     Facebook   

 

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い
お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」を提供しています。
もちろん、他の会社様と比べていただいて構いません。相見積もりも大丈夫です。
「どこの業者に依頼すればいいのか」「工事費用はどれくらいかかるのか」など、
上記以外でもご質問お待ちしております。
オフィス・店舗・倉庫の移転、原状回復工事、リフォーム工事(内装工事)等々
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 

~~~~~~~~~~~~IKEBUKURO~~~~~~~~~~~~
★池袋の内装業者ならオフィス回復ドットコム★
★東京の原状回復工事もオフィス回復ドットコム★
〒171-0014
東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階
TEL:0120-978-226
~~~~~~~~~~~NAISOUGYOUSHA~~~~~~~~~~~