オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 大掃除

年末の「大掃除」の由来について

こんにちは、オフィス回復ドットコムです。

東京にある池袋を中心に関東一円範囲で『原状回復工事』『内装工事』をお手伝いさせて戴いてます。

 

あと3日で今年も終わりますね。時間がすぎるのがあっという間です。

子供の頃は毎日が長く感じましたが、大人になると早く感じます。

さて本日は、年末に必ずする大掃除についてです。

 

なんで年末に大掃除をするのか疑問を抱きますよね。

他の時期でもいいと思いますが、なぜ年末なのか。

 

 

 

大掃除の文化が広がったのは遡ること平安時代(大分、遡りますね)

12月に一年の煤を払い神様を迎えるという行事が行われていて

この行事を煤払い(すすはらい)と呼び、現代の大掃除の由来となっています。

年末に行う理由は、お正月の神様である歳神様(としがみさま)を迎えるためです。

歳神様は新年に来てくれる幸せの神様といわれており、失礼がないために家の中を清める必要があるとされています。

清潔な状態じゃないと神様にも失礼ですよね。

そのため年末に大掃除をして、家をきれいにする必要があるわけです。

つまり、大掃除というのは新年に歳神様を招き入れる準備だそうです。

 

新年というのは新しく始める年という意味もあり、心機一転する時期ですよね。

年越し前に大掃除を行って部屋を清潔にしておけば、気持ちも運気も前向きになることにつながります。

そして、汚れたお部屋で過ごすより、綺麗な環境で過ごす方がうつ病やストレスの発生率が低いですし、病気にかかった時に治るのも早いなど色々メリットがあります。

綺麗な部屋で新年を迎えることが出来るのは、健康的に過ごす意味を含め大事ですね。

 

大掃除するのにあたって良い日とされているのが12月13日だそうです。

昔は大掃除を始める日は、12月13日と決まっていました。

現代でも寺社や老舗のお店では、この日に大掃除を始めます。

実は、この日は昔からとても縁起がいい日とされていて、江戸の町屋でもこの日を選んで大掃除をしていたと言います。

 

そして年末の大掃除におすすめできない日もございます。

年末ならいつでも良いわけではなく、12月29日と31日は大掃除をすると縁起が悪い日と言われてるそうです。

江戸時代の習慣では12月29日と12月31日、1月1日に大掃除をしてはいけないといわれていました。

12月29日は9が付く日であり「苦」と読めることから縁起が悪いとされ、12月31日の大晦日については、31日に大掃除を行って正月飾りを飾ることは「一夜飾り」といわれ、急遽用意をした印象を与えるため望ましくないことが理由です。

1月1日は、元旦に大掃除をすると福を掃除してしまうということから、福が逃げるといわれており縁起が悪いといわれていました。

神様を良い気持ちでお出迎えするのに大事なことですよね。

 

 

今回は年末に行う大掃除の由来やその意味を紹介しました。

大掃除の本来の意味を理解する事で、大掃除に対する意識が少し変わったのではないでしょうか?キレイな家で年神様を迎えるためにも、事前にスケジュールを組んで効率よく大掃除を進めていきましょう。

 

現場でも神様をお迎えをするのに大掃除頑張ってます。

 

 

今年も大変お世話になりました。

本年のブログはこちらをもちまして終了となります。

来年の1月4日以降にブログを再開したいと思います。

 

皆様、良い年をお迎え下さい。

 

『オフィスリニューアル・店舗改装』内装工事・原状回復工事 等々、悩んでる方は

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

Instagram     Twitter     Facebook   

のフォローもお気軽にして下さい^^

当社は、お見積もりから施工完了まで全てを自社で行い

お客様に「少しでも価格を安く、品質が高くて良いもの」を提供を目指してお手伝いさせていただきます。

 

~~~~~~~~~~~~IKEBUKURO~~~~~~~~~~~~

★池袋の内装業者ならオフィス回復ドットコム★

★東京の原状回復工事もオフィス回復ドットコム★

〒171-0014

東京都豊島区池袋2-62-10 武藏屋第3ビル4階

TEL:0120-978-226

~~~~~~~~~~~NAISOUGYOUSHA~~~~~~~~~~~